読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公衆電話

携帯もスマホも、通話定額制もない頃。

 

遠距離通話は、あっという間にテレホンカードの残額がなくなる。

だからずっとは喋れない。

千円のカードでも伝えきれない気がした、この気持ち。

 

公衆電話は行列。

つまらない話題でしゃべってる人。

自分の番が来ず、人のどうでもいい話を聞かされて、いらいら。

 

今ではほとんどなくなってしまった公衆電話。

少し恨めしい思いと、青春だった頃のノスタルジー。