読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友よ

小学校、中学校と同じ教室で過ごし、同じ部活動をする。

あの暗黒時代を一番身近に感じていた存在。

君は母親を亡くし、もっと心が波だっていただろう。

温厚な君と、おもいっきりケンカになったことがあった。

ぼくの言ったことがからかいに聞こえた君はひどく怒り、

田んぼの中を追いかけて石を投げつけてきた。

 

最後に会ったのは二十才の時。

故郷とはずっと遠く離れた東北に就職することが決まった、

と教えてくれた。

そして、若くして父親も亡くしてしまった君。

故郷との縁は続いているのだろうか。

その頃から同窓との縁が全く切れてしまったぼくは、

君の消息を誰に聞くでもなく、今に至ってしまった。

 

友よ。元気なのか?