読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記憶

三月の一日一日が過ぎていく。

別れが辛すぎて時が止まればいいと思った。

それはかなわぬ夢。

こだわる気持ちに関わりなく何気なく過ぎていく日常。

毎日聞こえるカウントダウン。

過ぎてしまえばその日々さえも遠い幻のような覚束なさ。

記憶すらも妖しくて生きているのか、俺は本当に生きているのか。

繋ぎとめるものなど何もなくどんどん流されていく。