眠り

眠り、起きの繰り返し。

それは無数の死と生を思わせる。

今日の生にこだわらなくても、明日にはまた蘇る。

もしかしたら別の生に生まれ変わっているかもしれない。

 

さてあなたはよく眠れましたか?