読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉の力

言葉の力って強いよね、

すごいよねって語り合ったあの人はもういない。

ずっと年上だったあの人の歳をすでに追い越してしまった。

一番文章を見てもらいたかったのは、

あの人にだったかもしれない。

 

「やっと少しづつ文章が書けるようになりました。

言葉の力を信じたいと思いすぎたからこそ、

何も書けなかったのかも。

気負いは捨てました。

書いていきます。

息をするように。」