読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬服

春の日差しが眩しい。

こんな天気に、冬服着るのは野暮ったいことは分かっているけど、

冬の間に染み付いた臆病さから抜け出せない。

 

昨日は思い切って上着を脱いで散歩したら、風は強いし、

帰り道は冬空になって寒かったよ。

 

桜が咲いたというのに明日からはまた冬に逆戻り。

花冷えというんだって。

まだ冬服は手放せない。

 

(もう少しの辛抱さ。)