読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時は流れて

いつの間にか年老いた。

 

足取りは軽いつもりでも、

反射する壁面に映る自分の姿にぞっとすることがある。

老化を受け入れることは簡単ではない。

 

まだ若かった頃、

若さゆえの心の高ぶりを持て余し、

歳を取れば穏やかになれるかと思っていた。

 

確かに不要な背伸びをすることや、性急さは影を潜めた。

でもその奥にある心は、成長しないままの領域がある。

 

まだ幼い頃、自分の精神年齢と実年齢が

一致しない感じがしたことがあった。

古い家に住んでいた影響で、

精神が老熟してしまっていたのだろうか。

 

若さは失われても、柔らかい心でいたい。

若い頃の感性を失いたくない。

自分の心と十分に向かい合ってきたか。

 

長い問いは続く。