読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春に想う

桜の花びらが光にきらめきながら

散っていく瞬間を愛おしく思いながらも、

時を押し止めることなどできないのだ

という想念が繰り返し押し寄せる。

 

春の花、新緑に心を奪われながら、

それらを想う心の余裕は、

日々の平穏があればこそと感謝する。

 

繰り返す自然のリズム。

 

同じ一年はなく、去年のわたしはもういない。

でも、また春はやってきた。