読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆらゆら

自分という人生劇場。

多くの人物が登場し、また退場していった。

ある時はとなりで生活してたのに、

もはやずっと会う事もない。

みんなどうしていることだろう。

 

たまたま電車の中ですれ違ったり、

駅のホームで見かけたり、

とある店ですれちがったことも。

 

透明人間のように、

相手が気づかず、気づかないふりをする。

逆に、相手が気づいてこちらが気づかず

通り過ぎてもいるだろう。

 

離れた土地にいれば会う機会もない。

例え地続きでも、別の宇宙空間にいるような。

 

それぞれの人生を過ごす、

交差しないパラレルワールドのようだ。

あてどもなく時間が流れ、

どこかで交差すれば、浦島太郎。

 

古びた手書きのアドレス帳は、

もはや更新を止めた。