読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の彩り

あの遠い日の思い出。

憧れるような夏の記憶。

 

夏が来たとて、

再びあの日々は戻らない。

心躍らされることが

忌ま忌ましく、

夏なんて暑いだけだとうそぶく。

 

何か起こりそうな夏。

命の高ぶり。

 

すでにトンボが飛び

秋の虫を思わせる声も聞く。

いつも季節は

その先の季節を先取りしている。