読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

商品になる、ならない

当たり前のことを書くと商品にならないとある人は言った。

新奇な、珍奇な、目新しく、人目を惹き、感情をゆさぶり、

何者かと思わせる内容がなければ駄目なんだと。

 

しかし物事は、

1%に当たる濃縮された商品になるようなものより、

平凡で日常に溶け込んでしまうけど、

それを無視したら生活が成り立たず、

些細な感情やどうしょうもないしがらみや、

愚痴や諦めやら退屈な繰り返しやらでできている。

 

無理に商品になろうとするからつらいんだ。

商品になろうとすることは、

冷厳な他者の判断に身を任せることだが、

そもそも他者は気分屋でこちらの責任を取ってくれず日和見だ。

 

商品になってこそ価値があるんだという説には異を唱えたい。

あなたの大事なものは商品でしたか。

便利なものは商品でしたか。

商品ばかりが大事ですか。