読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旬(しゅん)

ああ誰にでも旬の時期はあったよね。

燻った人生にも輝ける時間はあった。

その真っ只中は気づきもせずに駆け抜けてきたけど。

誰もが通り過ぎる青春の門

不細工で向こう見ずで、それでいて臆病で。

 

通り過ぎて初めてわかる過ぎ去った時間の価値。

共に過ごしてきた仲間はもうどこにもおらず幻の如し。

人生の旬っていつを言うんだろうね。

若さだけが価値というのもつまらないが、

くたびれ果てた中年を旬というのもずれている。

 

これから登る山を仰ぎ見て一心不乱に登って行く。

そのひたむきさが旬なのかもしれない。

 

生き延びるためのずる賢さ、

気づかないふりをする鈍感さ。

純粋さを失った時、

光った肌の輝きは失われ、

もうきっと旬は過ぎている。