読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕暮れ

セミの亡骸が無造作に転がる。

樹上からはセミの鳴き声が降り注ぐ。

もうしばらくの夏。

永遠の夏なんてないのに

時間が止まったように覆いかぶさる。

激しく燃え灰になるように

命が萌える。

 

にわか雨が降った後の青空。

あなたも見ただろうか。

 

何処へ行く。

何処へ帰る。

どうやって生きていく。

 

夏の夕暮れの中、自分に問いかけてみる。