読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初老の男

こっち側あっち側と綱引きをする。

遠く感じられたあっち側が気がつけば親しいものになっていた。

  足取り重くよろける。

  顔に貼りついた疲れは取れない。

 

何歳まで生きるつもりだ。

自分で思っているほど若くないぞ。

 

いやそんなことは十分わかっている。

若いという事だけが取り柄だった頃もとうに過ぎ

どんどん死に近くなる老いが疎ましくなり

気がつけば引き返しようもないところまで来ている。

 

何歳でも、若いということは相対的でしかなく

年上の人から若いと言われてももう十分歳を取ったよと

言いたくなるが

できないことが運動不足や経験不足でなく

徹底的に加齢によるものと思い知らされ打ちのめされる。

 

もう手遅れなのか。

ふらつきながら夕暮れに走り出すのは見苦しいぞ。

なぜ皆苦しそうに走っているのか。

 

初老の男は不穏さを胸の内に秘めながら歩いている。