読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロックオン

電車の中できれいな脚に見とれていた。

自覚的なのだろうか。

脚の揃え方、足の角度が決まっている。

いつも脚など気にならないのに

不思議に視覚を奪われた。

心が囚われ不躾な視線を浴びせてしまう。