いつか

大事なものは手放してはいけない

そしてまた

手放したものが

忘れたころに自分のもとに戻ってくる

どうかそれに

気づきますように