運命

ふわふわと透明になっていく心

耐えるだけだったけど

実に濃密でもあった日々を思い出す

もしかして晩年を生きているのか

運命は誰にも分からない

明日のことさえも