十二時

深夜

いきなり

掛け時計の針が

くるくる回る

そう

電波時計の時間合わせ

だが針は

意志を持ったように

十二時でピタリと止まり

その先に進まないのだった