過去

私は知ってしまった

全ては手遅れなのだと

いつの間にタイムアウト

なってしまったのだろう

もはや打つ手には意味がない

過去には戻れない

未来を信じるには

もはや過去をきっぱり

封印するのだと言いながら

老いの自画像を見定められなく居る