ひとり

一人になりたくて

水の流れのそばを歩いた

感情を鎮めたくて

山に登った

何度も何度も

 

水の流れは

山の高みは

何かを私に語りかけ

語り尽くさない

奥行きを見せた