いつだって見えているのに

他のことに気を取られて

見えなかったことにされてしまう

ふと何かでそれがあらわになる

だが誰にだって見えているわけでもなく

世代を超えて誰かがやっと気づくこともある

世の風潮が何だとか仕方がなかったんだとか

馬鹿言ってないで

信じる道を歩め

台風はどこに行った

長い梅雨寒のはての
週末は台風予想
空には典型的な入道雲
青空広がり気温上昇中
台風はどこに行った?
職場を変えたばかりで
夏休み無くて
待たれる山の日の
三連休

今週のお題 わたしの夏休み

心もよう

楽しいことだって
多いはずなのに
思いどうりにならないことも
多いからと
過ぎ去ることだけを
願ってしまう
今日は昨日になり
昨日は忘却の彼方に
成り果てた
臆病に平穏無事を願っただけ
思い出はこの掌の中にはなく
ましてや誰かのもとにもない
間違っているなら
謝りたい
正したい
でもそこには誰もいない

深く
深く
どこまでも
潜りたい
許されるなら

歳月

いつだって
何歳なりの、を気にし
何歳ならこうであろうと
考えてみる。
それだって平均ならというだけのこと
いつまでたっても
追いつかない
時間には勝てず
降参してしまった人だけが
手に入る安寧がある

オレ

オレはオレ
それ以上でもなく
それ以下でもなく
顔は洗うが化粧はしない
髪は梳かすが髪は染めない
何をするのも面倒なだけだか
髭は剃っている
あるところにはあるし
なくては困る体毛
人間以外の誰が気にするか

昨日と今日

今日のできごと。
誰にも気づかれない内面に衝撃があった。
同じような今日でも
昨日までとは
確実に違う
寝てしまえば
同じになるのか。
所詮他人事なのだが
自分の中で
勝手に大きくしてて
それをあなたに知らせるすべもない。
わたしはまだここにいます。