はるか遠く

失われた感覚

もはや取り戻せない感情

記憶の中にだけある

あれらは本当にこの身に

起こったことなのか

何もかもが幻でしか

無かったような

 

取り戻したい

しかし

過ぎ去った時代は

決してここには

どこにもない

 

どうしようもなく

はるかに遠い

いつの間にか

しかし本当は

それに気づいていた

 

昨日、今日そして明日

今はまだ多くを語れず。
言葉に力強さを持たず。
自分自身を納得させるに至らず。
いつまで待てばいいのか。
混沌としたまま齢を重ね、
永遠の生がないのなら、
もはやあるがままを受け入れるだけだ。
その先は無い。

自由

風に戯れる

自由でありたい

しがらみに囚われることなく

 

数多い制約の中で

もがき続け

自由を叫びながら

単に逃避しているだけだと

自分に愛想を尽かす

 

叶わぬことを

追い続ける辛さに

耐えきれず

諦めてしまったのか

やがて自由を

ことさら意識することなく

 心の平安ばかりを

望むようになってしまった

生き残ることばかりを

考えるようになってしまった

 

長く生きていれば

生命の限界に思いは至る

でも大空に羽ばたく

夢を見ていた日のことは

決して忘れることはない

 

記憶

封じ込められた過去の記憶の断片。
いまさら取り出してみても
霧のように形にならない。
かといって現在の出来事が
明確な輪郭を持つかと言えば
ただ通り過ぎるだけ。
なぜ。
わたしはまだわたしという
ものがたりを語っていない。

見送り

夜行バス
見送る人の
暖かさ

ターミナル駅を出た後、
夜行バスが途中駅に停まった。
たくさんの人が待っている。
乗車する人は少ない。
ほとんどが正月に帰省した
家族の見送りのようだ。
両手を降っている。
一月四日の夜のこと。

やり残したこと

いつも
今日は終わってしまうのに
やり残したことはないか
今年は終わってしまうのに
やり残したことはないか
何も無く無事終わった
ふとんの中では
ただ安堵のため息

卑怯にも全身全霊には
成れなかった自分
格好よく有りたいという
自意識さえ保てなかった
嵐が過ぎれば
平穏な青空
しかし心はいつも
波立っている