夕日が当たる橋を見ていた。

行きかう人たち。

舞う鳥。

 

一瞬の光。

今そこにある、奇跡的な生命の彩り。

当たり前のようにそこにあり、なおかつ儚い。

 

橋を渡って家路をたどる。

夕日が射す公園の樹木。

 

家に着いた。

日が暮れた。