読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ

山道を歩いていたら、紫色の蝶が戯れていた。

それはまるであなたのドレス姿で舞う姿。

 

一年前に出逢い、側で会話し、写真も撮った。

それは確かに現実なのだが、何もわかっていなかった。

ある日、共通の知人にあなたの死を知らされた。

突然断ち切られた時の流れ。

なぜを繰り返しても、時は戻らない。

振り返っても何もわからない。

追いかけようとしても手の伸ばしようのない心細さ。

 

あなたは現実に何を見て、何をあきらめたのか。

時はたち、記憶の中のあなたは若いまま。

あなたのちょっと現実離れした姿。

さよならも言わず、、、