読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎゆく日々

一瞬にすぎてしまう一日。

これを三六五日重ねて、

さらにそれを数十回繰り返せば必ず終末へ。

あまりの刹那に唖然とする夜もあれば、

それで労苦から解放されるという救いを見る日もある。

平均寿命を生きられる保証もない。

 

だから会いたい人に会うのだ。

今を一生懸命生きるのだ。

歳を取ることを恐れないのだ。

 

格好をつけようもない余裕の無さが残念だが、

もう無用な気構えは時間を無駄にする。

何を成し遂げ、何を成し遂げなかったか。

生き続けてきたことで、少なくとも何かは成してきたのだろう。

とかく自分のことは見えにくい。