名もない道を行き

何が待っているのかも

定かでない道を行けば

誰に頼るのでもなく

自分だけが頼りの心細さ

 

いつかはたどり着くのだろうか

誰もいなくて

独りよがりにしか過ぎなくて

ずっと続く暗闇を通り過ぎて

その先へ

 

空を見上げれば

いつも変わらない

雲がある

月がある

星がある

 

歩き続ける

これからも

広告を非表示にする