読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nobody

何者かになりたかった

どこまで行っても

自分から抜け出せることはなく

アクセルを踏む勇気を持たず

後ずさりをする

平凡に生きることすら

難しい

これでいいのか

人生というステージに立てたのか

立てなかったのか

闘いは始まったのか

始めないまま終わったのか

途方に暮れて日が暮れる

 

輝き

一人の若い女性が

彗星のように輝き

暗闇へと消えていった

 

彼女の輝きは

人々の記憶に残る

 

遺された者たちは

短い彼女の生涯に涙する

 

別れはいつだってあるし

予期せぬ出来事もいつだってある

 

ああそれにしても

亡くしてわかる

生の輝き

もう一度会いたい

叶わぬ夢

 

ああ

本当にあなたは輝いていた

 

 

 

 

望み

日々の仕事 生活に追われ

頭の中が空っぽになることを恐れる。

やりたいこと買いたいこと

何かないかと思い浮かべる。

本当にやりたいことはわかっている

それが簡単にできないことも。

言い訳ばかりで時間切れ

本当にそれを望んでいたのだろうか。

 

めまい

通り過ぎるまち

通り過ぎるヒト

通り過ぎる季節

 

置き去りにするのか

されるのか

 

空っぽな心に

隙間風が吹く様だ

 

手応えなく

記憶を探ってみたけれど

なんてあやふやな

輪郭を掴むことはできず

どうやって

大地に立てばいいんだと

めまいがするばかり

 

 

いつか

大事なものは手放してはいけない

そしてまた

手放したものが

忘れたころに自分のもとに戻ってくる

どうかそれに

気づきますように

通り過ぎる風景

いつまでたっても

ただ通り過ぎる風景

そんなものにしかならなかった

 

なつかしい風景

ただ思い出の中にある

目指す場所はそこでもない

 

いつか辿りつけるのだろうか

目指す場所というものへ

呪い

収穫するキャベツの重み

振るう鍬の重み

積み重なった書籍の重み

 

手放す

 

手放すことにより

身体は軽やかさを取り戻す

 

重い荷物は心身に負荷をかけ

その重みにより

生を実感させるが

もはや地に縛り付けられることから

逃れたい

 

離れることにより

飛び立つことを願うが

また別の重力の呪いを

掛けられるのだろう

 

 

すっぱいブドウ

逃げてきたことはないかと考える。

肩の力が抜けて

こだわりもなくなってきたけど

まだ「 すっぱいブドウ」がありそうだ。

なにもかもできるわけではないが

( 時間もなく、金もなく)

何が「 すっぱいブドウ」

だったかは

はっきりさせたい。

だって悔しいじゃないか

滑稽じゃないか

他人からははっきりわかる

本人だけは気づいていない。

 

 

日々

燃え尽きるまで力を使い果たす。

それができる環境で幸せな反面、

何をやっているんだろうと茫然自失。

アクセルを踏み込むには

勇気がいる。

無謀ではないかと

自問自答もする日々。

鉢植えの蜜柑

鉢植えにして何年経ったか正確にはわからない。

およそ八、九年だと思われる。

引っ越し前の家では、それなりに実っていたはず。

四年前の春、引っ越しに伴い、鉢を移動した。

その時の振動が悪かったか、環境が変わったのが良くなかったか、花が落ちてしまい実は一個もならなかった。

ここの庭自体は日当たりは悪くないのだが、自転車に場所を取られて脇に追いやられ、山茶花の木などの影にかかり、蜜柑の樹に日当たり、風通しが悪い。

そしてその翌年も次の年も実らず。

そして昨年も相変わらず実らずと思っていたら、秋になり周りの樹が葉を落としたときに、蜜柑が二個成っているのに気付いた。

風流に成ったままを鑑賞していたら、先週末に胴体が黄色い小鳥二匹が訪れ、蜜柑を食べていた。

実は転居前の家でも、成った蜜柑を小鳥に食べられていたので、こうなる運命を受け入れていたのかもしれない。

今年こそは日当たり、風通し、肥料に注意をして、是非とも収穫を目指したい。